こちらのコンテンツをご利用いただくには、JavaScriptをオンにしていただく必要がございます。

難民支援協会

難民支援協会

1999年設立。日本に逃れてきた難民が、自立した生活を安心して送れるよう支援している認定NPO法人。
難民申請の手続きや、日本での医食住、教育、就労などに関する支援を行う。難民受け入れに関する政策提言や、認知啓発にも力を入れている。年間の支援対象者の国籍数は約60ケ国、来訪相談者数は約600人(2014年度実績)。 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のパートナーとして活動。

認定NPO法人難民支援協会 代表理事

石川えり

1976年生まれ。上智大学卒。1994年のルワンダにおける内戦を機に難民問題への関心を深め、大学在学中、JAR立ち上げに参加。大学卒業後、企業勤務を経て2001年より難民支援協会(JAR)に入職。直後よりアフガニスタン難民への支援を担当、日本初の難民認定関連法改正に携わる。2014年12月に代表理事就任。二児の母。